【終了しました!】第6回 IPS全国研修会 in 大阪のご案内

第6回 IPS全国研修会 in 大阪 IPSっていいんやって!

IPS型就労支援とは?

IPS(Individual Placement and Support : 個別職業紹介とそのサポート)とは、精神障がいを抱えながら生活する方の就労支援の方法です。1980年代後半に開発された支援方法で、研究でも効果が実証されています。
ワンモアでも、1人1人の希望や興味を大事にしながら仕事を探す、この支援方法に取り組んでいます。

IPSチラシ②A4表

IPSチラシ②A4裏

IPS申込書チラシ(←こちらより第6回 IPS全国研修会 in 大阪のPDF形式の申し込みチラシをダウンロードできます。)

  日時:2018年  3月 3日(土)
     10:00~17:00

基調講演:影山 摩子弥 氏 
    (横浜市立大学 教授)
    「なぜ、障がい者を雇う中小企業は業績を上げ続けるのか?」

特別講演:中込 和幸 氏
    (国立研究開発法人 国立精神・神経医療センター 精神保健研究所 所長)
    「就労と認知機能」

  会場:大阪保健医療大学 2号館
    (〒530-0043 大阪市北区天満1丁目17番3号)

  定員:300 名(定員になり次第締め切らせていただきます)

 参加費:事前支払い 2,500円 ・ 当日支払い3,000円 (当事者、家族は1,500円)
     お申込みいただいた後に、振込先をお知らせ致します。


 

プログラム(予定)

10:00~10:30 受付
10:30~11:30 開会のあいさつ

基調講演 「なぜ障がい者を雇う中小企業は業績を上げ続けるのか?」
           影山 摩子弥 氏
     (横浜市立大学 教授)

11:40~12:30 分科会
① 「IPSのきほんの“き”」
講師:山口 創生 氏
(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 社会復帰研究部:東京都)
講師:池田 克之 氏
(NPO法人 色 就労支援センターそらいろ 施設長:京都府)
② 「明日から使える!動機づけ面接のいろは」
講師:香田 真希子 氏
(目白大学 保健医療学部 作業療法学科 准教授:埼玉県)
③ 「発達障がいとIPS 」
講師:柴田 泰臣 氏
(NPO法人NECST:千葉県)
④ 「定着・フォローアップについて」
講師:池田 真砂子 氏
(社会生活サポートセンターこみっと:東京都)

12:30~13:30 昼食 (お弁当の販売ございます)

13:30~15:00

特別講演 「就労と認知機能」
           中込 和幸 氏
     (国立研究開発法人 国立精神・神経医療センター 精神保健研究所 所長)

15:10~16:00 「各地におけるIPS実践報告」
〇就労支援センター FLaT(広島県)
〇就労支援センター そらいろ(京都府)
〇ワンモア豊中(大阪府)

閉会のあいさつ

 

 

主催:JIPSA(ジプサ:日本IPS協会)
     NPO法人日本学び協会 ワンモア豊中 ・ ワンモア八尾 ・ ワンモア三宮

後援:認定NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ) / 社会福祉法人大阪市社会福祉協議会
   大阪府作業療法士協会

会場:大阪保健医療大学 2号館
(〒530-0043 大阪市北区天満1丁目17番3号)
京阪電鉄本線「天満橋」駅から徒歩約8分
地下鉄谷町線「天満橋」駅から徒歩約8分
JR東西線「大阪天満宮」駅から徒歩約10分
地下鉄堺筋線・谷町線「南森町」駅から徒歩約10分

ルートを検索